マシーン軍  MACHINE Army

1万年以上前の遺跡から発掘された古代文明の遺物「メタリックブレイン」。石器時代だとばかり思われていた年代に、なぜこのようなスーパーコンピューターが存在していたのか。詳細は謎のままである。
そして、マシーン軍のすべての兵器は、メタリックブレイン内部に記録されたデータをもとに製造されているという噂だ。その凄まじい威力は、現代文明に於ける最新鋭の兵器ですら、いとも簡単に無効化してしまうほどである。
多数の優秀なコンピューター技術者たちが日夜、データの解析に追われている。 とめどなく引き出される情報から具現化された戦闘機やロボットには、命知らずの若者たちが自ら志願して乗り込んでゆくという。そのまなざしの先にあるのは武力統一された世界なのか、それとも、永遠に終わることのない修羅道なのか…?

"Metallic brain" is an antique of an early civilization, discovered from an ancient ruin created more than 10,000 years ago. This period was considered to be the Old Stone Age, and the background of existence of such a supercomputer is still a mystery.
All the weapons of MACHINE army are produced based on the data recorded on Metallic brain. The power of them are really incredible, can easily defeat state-of-the-art weaponry in modern civilization.
Many excellent computer specialists are very busy with data analyses day and night. Young soldiers of MACHINE army volunteer to ride combat aircrafts and robots, generated from data took from Metallic brain. Does the road ahead for them lead to the world unified by force, or to endless war?

 
■メタリックブレイン Metallic Brain
2
古代文明の時代。最先端兵器を駆使した戦争により、世界の半分が焼き尽くされたという。
戦争終結時点で永久放棄されたはずの、残虐きわまりない大量破壊兵器の数々。そのデータを密かに保存し、代々受け継ぐ者たちが存在した。

メタリックブレインは、輝く金属の脳をかたどったスーパーコンピューターである。さらに、古代文明時代の大部分の兵器データを格納した記録媒体と、全体を保護する頑丈なカプセルから構成されている。経時的劣化・温度変化・湿気・紫外線などあらゆる影響からメモリーチップを守り、ほぼ無傷の状態で出土したのである。
その後は博物館に収蔵されたり、骨董蒐集家の手を渡り歩いたこともあったが、現在はマシーン軍研究拠点の最奥部に厳重に保管されている。

In early civilization era, half the world was burnt down by war utilizing the latest weapons technology at that time point.
After the end of the war, mass-destruction weapons were allegedly renounced forever. Actually, however, data of weapons have been kept underground.

Metallic brain is a supercomputer with almost all data of weapons in early civilization era and a robust container. The container protected the memory-chip from time degradation, temperature alteration, moisture and ultraviolet, therefore contents have been stayed almost completely intact.
After the discovery, there was a time metallic brain was stored in a museum, and other times it moved from collector to collector. Then at this time point it is kept under lock and key in the inmost recess of MACHINE center of excellence.
 
■マシーン軍 重装歩兵 Men-at-arms
鍛え抜かれた強靱な体と、愛するものを守り抜く熱き魂を兼ね備えた若者たち。 だが、彼らを背後から操り、世界を意のままに支配しようとする黒幕の存在に気付いている者はほとんどいない。

マシーン軍重装歩兵の装備には、武器・兵器と呼ぶには不釣り合いなほどに、精緻な意匠が盛り込まれているものが多い。そのデザインの題材は主に、古代神話に登場する「全身が金属色に輝く勇猛な生物」である。
考古学者は語っている。「古代文明の時代に、初めて金属加工技術を手に入れて圧倒的な支配力を示した集団があった。彼らが好んだデザインが武器に盛り込まれ、メタリックブレインに記録されているのだろう」と。

Men-at-arms comprises highly trained young soldiers with a mighty heart to protect things they love. Few of them have heard of the presence of mastermind who is contriving the domination of the world, by controlling MACHINE soldiers.

Most of the equipments of men-at-arms have disproportionately sophisticated exterior as weapons. The main subjects of their design are brave creatures with metallic luster, described in ancient myths.
Archaeologists believe that, "There was a party in an early civilization era that obtained metalworking technique at the earliest timepoint and had a great deal of control. Their favorite design had been adopted to the exterior of weapons, and included in metallic brain."

2
<「シャケマシンガン」を装備した重装歩兵>
シャケマシンガンは、マシーン軍重装歩兵の通常携行装備だ。マシーン軍の個人用銃器のなかでは平均的なサイズ・重量であり、取り回しがしやすい。生産性・メンテナンス性の観点でも練り上げられ、信頼度の高いものとなっている。

[Men-at-arms, equipped with Salmon Machinegun]
The Salmon machinegun is the usual equipment for Men-at-arms. It has average size and weight among personal use firearms for MACHINE army, and easily-handled. It also scores a big point on the credibility scale from Men-at-arms, from the viewpoints of high productivity and ease of maintenance.

Rear View

2
<「ベニシャケマシンガン」を装備した重装歩兵>
ベニシャケマシンガンはシャケマシンガンとほぼ同じ形状でありながら、約3倍の攻撃力を発揮する。そのぶん使用者にかかる負荷・反動も大きいため、扱うことができるのは特殊訓練を受けた一部の兵士のみである。

[Men-at-arms, equipped with Sockeye Salmon Machinegun]
Sockeye salmon machinegun shows threefold attack capability of the Salmon machinegun, even though it is almost all the same in form with a Salmon machinegun.
Sockeye salmon machinegun places extra burden on the user, therefore only specially-trained soldiers can use it.

Rear View
 
■ガイコツポッド GAIKOTSU-Pod
ガイコツポッドはマシーン軍の主力戦闘機である。さまざまな環境に対応できる汎用性の高さにより、登場直後から急速に配備が広まった。また、この場で図示した機体以外にも、使用者が現場に合わせて独自のカスタマイズを施した機体が多数存在している。

古代文明時代の開発当時には、「オーニソプター」→「フライヤー」→「ブースター」→「重爆撃機」という発展の系譜があったようだ。 しかし、機体の強化が進むにつれて燃料消費が格段に増加してしまった。発生する騒音も並大抵ではない。
そのため現在でも、使用目的や地域、補給体制の整い具合などの環境に合わせて、それぞれの機体がすべて現役で活躍しているのだ。

GAIKOTSU-Pod is the mainstay fighter in MACHINE. Because of its general versatility, rapidly and broadly deployed soon after the roll out. In addition to the aircrafts shown below, there are many GAIKOTSU-Pods underwent various customizations by users.

At the time of the first development/production of GAIKOTSU-Pod in the early civilization era, there thought to be the evolutionary step of [ornithopter => flyer => booster => heavy bomber]. Fuel consumption and mechanical noise increased a lot as the performance of GAIKOTSU-Pods upgraded.
Currently, all the types of GAIKOTSU-Pod are actively used under their appropriate circumstances.

2 <ガイコツポッド オーニソプター>
機体側部の翼をはばたかせることにより飛行する。速度はそれほど出ないが、垂直離着陸や急な方向転換なども可能である。さまざまな作戦に対応でき、操縦技術次第では最新鋭機を凌駕する運動性能を発揮することもある。そのため、発展形の機体が製造されている現在でも、この機体を好んで使い続けるパイロットは多い。

[GAIKOTSU-Pod Ornithopter]
Although the flight velocity of GAIKOTSU-Pod Ornithopter is not so fast, it can vertical-takeoff-and-landing and bat turn. GAIKOTSU-Pod Ornithopter is able to deal with various types of maneuvers, and sometimes shows high mobility exceeds state-of-the-art combat aircrafts when controlled by practiced pilots. Therefore, still there are many pilots continue to use GAIKOTSU-Pod Ornithopter, although there are already next-generation combat aircrafts.

Rear View


2
<ガイコツポッド オーニソプター(歩脚・後部スタビライザー装着型)>
陸上移動を含む作戦に対応するために、大型の歩脚と後部スタビライザーを装着した機体も生産された。

[GAIKOTSU-Pod Ornithopter, equipped with walking legs and tail stabilizer]
In order to deal with maneuvers including travel on land, special GAIKOTSU-Pod Ornithopters that have walking legs and tail stabilizer were also produced.

Rear View
2 <ガイコツポッド フライヤー>
オーニソプターのはばたき機構を排除し、固定翼と後部噴射口を搭載。垂直離着陸機能と変幻自在の運動性を失った代わりに、直線的な飛行に於いては3倍の速度を達成している。

[GAIKOTSU-Pod Flyer]
GAIKOTSU-Pod Flyer has fixed wings and engine nozzles, in place of flapping mechanism equipped with GAIKOTSU-Pod Ornithopter.
It lost the function of VTOL and high mobility, but accomplished thrice the velocity of GAIKOTSU-Pod Ornithopter.

Rear View
2
<ガイコツポッド ブースター>
フライヤーの後部に大型エンジンを追加搭載した。その結果、さらに2倍の速度を出せるようになった。

[GAIKOTSU-Pod Booster]
GAIKOTSU-Pod Booster accomplished twice the velocity of GAIKOTSU-Pod Flyer, by adding large engines in the rear.

Rear View
2
<ガイコツポッド 重爆撃機>
高性能爆弾を多数内蔵し、さらに両翼下に大型のサンマミサイルを2発搭載可能。この1機で通常のガイコツポッド15機分に相当する攻撃力を持つと言われている。
また、機体を双胴型にすることにより、2人のパイロットが機体操縦と爆撃を分担したり、交代で休憩をとりながら長距離の連続飛行をするなど、可能な戦法のバリエーションが増えることになった。
製造コストが非常に高いことと、重量増加により運動性能が大きく低下しているため狙い撃ちされやすいことが問題点である。

[GAIKOTSU-Pod Heavy Bomber]
GAIKOTSU-Pod Heavy Bomber is filled with high-explosive projectiles, and in addition to that, it can mount two large saury missiles under main wings. The attack capability of one GAIKOTSU-Pod Heavy Bomber is said to be equivalent to 15 usual GAIKOTSU-Pods.
Twin-boom style of GAIKOTSU-Pod Heavy Bomber enables pilots to use various tactics, including the division of roles between two pilots.
Very high cost of production and decreased mobility performance due to its heavy weight are the large issues.

Rear View
 
■外骨格機巧巨人 Exo-Skeleton Armored Robots
伝説上の巨人族を思わせる、世にも恐ろしい姿をした外骨格兵器。その装甲は比較的安価なありふれた金属でつくられているが、メタリックブレインから導き出された5回回転対称性の準結晶構造を採用し、劇的な性質改善を達成した。兵器の装甲材として一般的に使用されている高硬度合金とほぼ互角にわたりあえるだけでなく、脆さも克服しているのだ。
さまざまな武器・武装を使用可能で破壊力は絶大だが、そのぶん要求されるエネルギー量も凄まじい。

Exo-Skeleton Armored Robot is a huge war machine that shape resembled legendary giant ogre.
Although its armor plates are made from relatively-inexpensive ordinary metals, they show high performance as a result of adopting a quasicrystal structure with rotational symmetries through 72 degrees derived from metallic brain. Not only showing comparable hardness to high hardness alloys commonly used in war machines, but also they resolved the problem of brittleness.
Exo-Skeleton Armored Robots can be equipped with various weapons with massive destructive power, and required amount of fuels for them is enormous, of course.

2
<外骨格機巧巨人(基本形態)>
この基本形態のままでは、内部構造の空間的余裕が非常に少ない。本体内部に搭載可能な範囲の燃料では、現代文明に於いて最高効率を誇るエンジンを組み合わせた場合でも稼働時間が最長15秒にとどまり、実用的なレベルには全く達していない。

古代文明の時代には低燃費・低排出ガス・高出力のエンジンが搭載され、本機は人型の兵器として単独稼働していたと考えられている。しかし、エンジンのデータには一部どうしても復元不可能な部分があり、動力の代替案がさまざまに模索されることになった。

[Exo-Skeleton Armored Robot (Basic state) ]
There are not enough extra space in the body of basic state exo-skeleton armored robot. Currently it is far below to the practical level since the longest operating time is 15 seconds, even in the case installing latest model engine with maximum efficiency and maximum quantity fuels in the body.

In early civilization era, exo-skeleton armored robots had high output power engines with fuel-efficient and low-emission propterties, and were running as GAIKOTSU-shaped war machines, without external large options/attachments. However, there are lost parts in the data of engine derived from metallic brain and cannot be restored, alternative engines are under review at this time point.

With test pilot
2
<Type-A(カジキレーザーガン・背部動力ユニット装備)>
Type-Aの背面から伸びる動力伝達ケーブルの先には、兵士の運動エネルギーを機巧巨人の動力に変換する装置が2基設置されている。この設備により機動性は大幅に制限されるものの、基本形態で内部に搭載可能な最大限の燃料を使用した場合にくらべて60倍の稼働時間(15分)を実現。さらに、動力担当の兵士が頻繁に交代できる場合には、稼働時間はほぼ無制限となるのである。

[Type-A (equipped with Sailfish Laser Gun and Posterior Power Unit)]
There are two apparatuses that transduce motion energy of soldiers into machine power, attached to the tip of power transmission cables that extend from the back of Exo-Skeleton Armored Robot Type-A.
Although these apparatuses cause significant restriction of robot mobility, they bring 60 times longer operating time (15 min.) compared to that of the basic state Exo-Skeleton Armored Robot, using fuels of maximum capacity.
Furthermore, operating time of Type-A will be unlimited, in case soldiers in charge of generating energy can rotate at short intervals.

Front View  Side View1  Siude View2  Side View3  Rear View  

2
<Type-B(生命エネルギー吸収型 マンタレイ・アックス装備)>
この機体の動力を模索する過程では、通常とはまったく異なる視点から本機の性能を引き出そうとした者も存在する。

メタリックブレインに残っていたエンジンの技術データは不完全な断片であったが、ビースト軍の獣戦士からちぎり取ったサンプルを解析し、そこから得られた情報を取り込むことで補おうとしたのである。
ビースト軍で使用されている「運動補助構造物KiG-LUMI」は、獣戦士の体から離れた瞬間に急速な組織崩壊が始まるため、サンプル採取は困難を極めた。しかし、KiG-LUMIの劣化を数十倍に遅らせる特殊な保存液を開発したことにより、ついにサンプルの取得に成功。ビースト軍の最新技術が、ごく一部ではあるものの、マシーン軍にもたらされることになったのだ。

外骨格機巧巨人の新たな動力、それはガイコツの生命力そのものであった。ビースト軍の獣戦士から得た、「ガイコツとKiG-LUMIのあいだでエネルギーや情報をやりとりするための機構」を応用したのである。
兵士の体を機械装甲に埋め込み、生命力を吸い取って直接動力に転用するため、エネルギー変換時の損失が格段に低減。ひとりの兵士につき、Type-Aと比較して、同等に疲弊するまでに2倍のエネルギーを得られるようになった。
Type-Bでは動力担当者の交代時に非常に手間がかかるため、Type-Aのような長時間連続稼働はできなくなった。しかしType-Bでは、背部動力ユニットなしで地上高速移動を達成しただけでなく、ごく短時間であれば飛行・空中戦闘も可能になった。

巨人の装甲に埋め込まれた兵士の姿勢は偶然にも、古代文明時代の聖像DCに酷似している。そのため、Type-Bの動力機構は非公式に「DCユニット」と呼ばれることもあるという。

[Type-B (Life Energy-Absorbing, equipped with Manta-Ray Axe) ]
In the course of seeking suitable power generators for Exo-Skeleton Armored Robot, there are researchers who tried to find an optimal engine from a different viewpoint than usual.

Original engine data of Exo-Skeleton Armored Robot, derived from metallic brain, was a fragment not including whole information. However, those researchers tried to supplement with the data derived from ”KiG-LUMI” tissue samples, ripped out from fighters of BEAST army.
Tissue of motion-assist module ”KiG-LUMI” starts to degrade quickly, soon after it dropped off from BEAST fighters. That is the reason of the difficulty of collecting KiG-LUMI tissue samples. However, MACHINE researchers finally achieved to get samples, after generating special organ storage solution that retards the degradation of KiG-LUMI tissues, to be slower than one tenth of that of original speed. This breakthrough provided state-of-the-art technology of BEAST, although it is a small portion of that, to researchers of MACHINE.

New fuel for Exo-Skeleton Armored Robot have been derived from life energy of GAIKOTSU beings. MACHINE researchers utilized typical system that delivers energy and information between KiG-LUMI tissues and body surface of GAIKOTSU beings.
Energy loss became a great deal smaller, because this new system diverts life energy directly absorbed from soldiers into machine power. This new Type-B system enabled to extract twice more energy per one GAIKOTSU soldier, compared with Type-A system.
Type-B system cannot continue operation for a long time like as Type-A, because of the great care at the rotation of soldiers in charge of energy generation. However, Type-B brings the ability of high-speed movement on the ground, moreover, flight and aerial combat for a short time.

The posture of soldiers embedded in Robot armor closely resemble icon DC, that made in the early civilization era, incidentally. Therefore, sometimes Type-B system is called ”DC unit”, informally.

Front View2  Side View1  Siude View2  Rear View1  Rear View2  


■ダークガイコツ Dark GAIKOTSU
2
メタリックブレインに格納されているデータは、直接的な戦闘兵器に関するものばかりではない。ガイコツの体そのものを大幅に強化する古代の栄養素や、体内共生微生物のデータまでもが網羅されていた。

ダークガイコツは、元はマシーン軍のコンピューター技術者として働いていたひ弱な青年だった。しかしデータ解析の過程で、長らく製法不明となっていた禁断の栄養食品「O-GIAD」の記録を発見。これにより彼の人生は一変した。
O-GIADは栄養豊富なだけでなく、含まれる多数の微生物がガイコツの体内に共生して健康維持に大きく貢献。平均的な兵士の数倍のパワーを身につけることができるのだ。
赤く怪しい光を放つ長剣「ゴカイセイバー」は、O-GIADで強化された体でなければ決して扱えない。

現時点ではまだO-GIADの大量生産体制は確立しておらず、この恩恵を受けているのはダークガイコツただひとりである。O-GIADによる強化兵団を組織すべく上層部からの要請が続いているが、なぜか遅々として進まない。「同様の能力を身につけた者が増えて、自身の存在意義が薄れること」をダークガイコツが恐れているのではないか、という噂すら流れ始めている。

Inside metallic brain, not only the data of usual weapons, but also the factors strengthen GAIKOTSU beings such as ancient nutritional food and symbiotic microorganisms are included.

Dark GAIKOTSU was once a computer specialist of MACHINE, vulnerable-looking young man. However, during data analysis work he found the document for detailed information about "O-GIAD", forbidden nutritional food of the long-lost process of manufacture, and that transformed his life. When ingested O-GIAD, GAIKOTSU beings obtain not only high-quality nutrition, but also symbiotic microorganisms that provide good health benefits on the host. It leads to severalfold power than that of average soldiers.
"Clam worm saber", ultimate weapon, casting ghostly red light, can only be used by soldiers strengthened by O-GIAD.

Large-scale production of O-GIAD has not been established until now, and only one GAIKOTSU soldier who is receiving benefits of O-GIAD is Dark GAIKOTSU, at this time point. Even under the continuing order from MACHINE top, establishment of a large-scale production framework of O-GIAD in order to form strengthened corps grows at a sluggish pace for some reason.
 
 
 
 
HOME
 

"GAIKOTSU PLANET" by HOJYO Takashi
SINCE May 02 2013