■第三がらくた集積所■
2007/10/17
自作人物像の全身ディテール密度を考えると、顔がのっぺらぼうでは情報が少なすぎるし、目鼻がつくとかえって情報過多になる、という中途半端なところがある。
 ↓
そこで、顔面に「意味を見いだしにくいライン」を少なめに加えてみることにする。 アイデアスケッチと、実際に紙を用いた試行錯誤のあいだをいったりきたりしているうちに、「弓をひく天使」のパターンが得られた。極めて単純だけれども、目立ちすぎないアクセントとしては適切と思う。
 ↓
カドを上下左右4カ所全部折ってしまうと、十字型という「意味のイメージ」をひきおこしやすいので、実際になにかに組み込んで使うには難しいかもしれない。
 ↓
左半分だけにしたら、結構落ち着いたような気がしたのであった。

 
 
 

2007/11/23
試作品「仏手」を、名古屋コンベンションに持っていった。

2
手元にあった1対√2の用紙を使っている。
 
 

2007/12/06
夜中にふと目が覚めて、思いついたことを暗闇の中でメモしておいたのだが、朝起きて読んでみると、なんだか不思議な文章が書いてある。

「カミサマウォーズ」
…一体なにごとだ、この言語能力を疑われそうな和洋折衷は。

でも、何度も見ているうちに、これほどまでに自作品の傾向を適切に要約した表現も他にないのではないか、と思えてきた。
一般的にカミサマ扱いされている像のなかには、本当はカミサマじゃなくてニンゲンであるひとたちがかなり多いので、一緒くたにするのは著しく間違っているのだけど、そこのところはなんとかごまかすことにして、と。

余計な話はこれくらいにしておいて、いつもの試作品コーナーに復帰する。

 
2
最近、こういう形状が気になっている。
 
 

2007/12/12
最近の目黒俊幸氏小松英夫氏の顔面表現研究過程を見ていると、非常に刺激的だ。自分もなにかやらなければ、という焦りが出てくる。

今考えている左右非対称顔デザインは、「弓をひく天使」ですでに或る程度実現しているとも言えるのだが、できればもっときちんと鼻をつけてみたいと思い始めたので、もう少し改造してみることにする。

ところが、模索しているうちにふと左右対称構造にしてしまって、上のほうから鼻を出したらなんだかまとまりが良くなったような気がする。ガンダーラ仏に、こういう顔がありそうだ。

 
2

…しかし、よくよく見てみるとこの鼻は、小松氏による鼻の表現を上下逆にしただけではないか。
さらに頬デザインの基本方針は、蛇腹と22.5度類似方面の違いはあれど、西川誠司氏の「仏面」と基本的に同じかもしれない。
純粋に新しいのは、唇の加工くらいか。なかなか難しいものである。

で、この頭髪と融合できないかなあ、と考えているところ。

2
 
 
 

2007/12/13
はじめに考えていた顔のイメージに近づいてきたけれど、髪型はまだ粘土っぽい。
が、これはこれで使えるような気もする。

 
2
 
 
 
 
2007/12/24
少し前につくっていた試作品に、糊を入れてみた。
 
2

そういえば数日前、「上下逆の面をかぶっている人物像があったらどうだろうか」と思いついて、いくつかアイデアスケッチをつくってみた。
絵を見る限りでは、左右非対称のときのような「ちょっとした違和感」どころではなく、いきなり「異形の者」の印象になってしまったのだが、これを折紙でやる場合には余程きちんと造形しない限り、違和感どころか単なる技術不足のデザインと思われて終わりとなるだろう。

その後、試作品に小松氏神谷氏が改造を加えたらどんどん変貌してゆき、…
最終的にはもっと違う形になっていたのだが、途中経過で気に入ったところを撮影しておいた。

2
 

繰り返しになるが、これはもともと上下逆のものとしてデザインしていたわけである。
が、しかし、いざ上下逆にしてみると、…なにがなんだかさっぱりわからん。

「上下逆の面」を使った神事などは、世界のどこかにすでにあるだろう。いつかきちんと、「面」というものについて全般的な知識を仕入れておきたいものだ。

 
 
 
 
2007/12/31〜2008/01/06
基本形までの折り図しかできていなかった「金剛力士像」の仕上げ工程を確定。
前回の完成図から変化した部分がいくつかあるが、耳の形状もそのひとつ。
 
2
 

微妙に福耳っぽい耳となった。98年版よりもこちらのほうがつくりやすくなったし、形状も興福寺の像に近いような気がする。それにしても情報量過剰な顔面。

作図作業が終盤にさしかかったところで一時中断。
「バカーと鳴くカラス」が自宅近くに現れて、この録音にやっと成功した。つい先日もチャンスがあったのだけど、あまりにも近くに来ていたようで窓を開けたら驚いて逃げてしまって、うまく録音できなかったのである。
10年くらい前、学生時代にこの近所に住んでいたときにも何度か出没していたのだが、ネットで少し検索してみたところでは、カラスは10年以上生き続けることもあるらしい(きちんとした資料で要確認だけど)。しかし、これだけ度々遭遇しているのだから、「バカーと鳴くカラスがこのへんには1個体しかいない」という状況は考えにくい。
それならば、こういう鳴き方が遺伝するのか、それとも仲間内で学習とか伝承とかをおこなっているのか、はたまた、近所の人が定期的に教え込んでいるのか。

…と、思考が脱線しつつも結局なんとか作図が完了し、総図数は226となった。
単純な工程数としてはイカロスよりも短いけれど、イカロス以上にトリッキーな工程もあるし、最終仕上げでは粘土細工的加工が満載であることなども考えると、かえって難度が少し高いくらいではなかろうか。
あとは、細かいチェックをぼちぼち進めることになる。

 
 
 
 
2008/04/19〜05/18
折紙探偵団マガジン109号に折り図が載る「魔法使い」(帽子バージョン)を新たに折ってコーティングを施したり、
 
2
 
修理のためにおりがみはうすから引き揚げていた「水瓶座」をwet foldingで調整してからコーティングしたり。
2
 

このコーティング方法、表面のツヤ増加は極力抑えられるのだけど、水瓶座で使っている紙の「岩はだ」に対しては特有のでこぼこを強調して浮き上がってくるような感じになる。
写真は、あとで再度きちんと撮り直すつもり。

で、同時にぼちぼち進めていたのが、新作案(開発コードネーム:まもるくん)の部品なのだが、

2
マモルウイング。
大がかりな蛇腹作品の中にも埋め込むことができるようにするため、比較的シンプルな構造としてある。
ところどころ破れてしまっているが、大体こんなイメージだろう。
 
2

マモルフェイス1号。
おおもとは例のアレ。目玉も表現できるのがポイント。
これを折紙探偵団の定例会(5/10)に持っていったときに、小松さんが改造して眉毛を付けて、さらにおでこに中央の線が出ない形にバージョンアップしてくれたのだけど、この写真の状態では十文字の亀裂がちょっとブキミで、これはこれでなかなか捨てがたいデザインなのであった。

このあたりでふと、「今は金剛力士像をきちんと折り直すのが先じゃないか?」と思えてきたので、まもるくんの開発はひとまず中断しておく。

…とかなんとか言っていながら、そのへんに転がっていた失敗作の紙をいじくってみたりする。

2
 
 
 
 
2008/05/24〜06/22
金剛力士像の新バージョン、試作5体目。 まだまだアヤシイ部分はいくつかあるけれども、このあたりまで来たら本番にとりかかってみようか、と思えてくる。
 
2
 

前作は用紙の重なりが多い部分があって、コルキー70kgより厚い紙では折れなかったけれど、今回のは79センチ四方なら100kgのレザック82でも十分可能なくらいだ。厚い紙で折れるならば頑丈になるばかりでなく、紙の厚み自体をデザインに生かしたり、いろいろと味のある加工を施すことができる。

別件の話として、そういう仕上げ加工を含めた図解をしてみたらどうなるだろうか、ということを考えたことがあるのだが、本体の折り図が20ページくらいの作品で仕上げ工程の折り図が最低でも180ページくらいになったりするかもしれない。また、ヘリカルCTのような三次元データで各層の微妙な曲面具合を示してみたところで、使う用紙の紙質や大きさ、厚みが変われば最適な曲面具合はそれぞれ別々なものとなるはず。
結局、そういう説明に手間をかけるよりは、現在ぐらいの詳しさの図で他の新しい作品の図解を進めたほうがいいのではないか、と思ってしまうのであった。 作例の細かい曲面具合は、ここの写真とか実際の作品を見れば十分把握できるわけであるし。

 
 
 
 
2008/12/22〜23
例によって、年賀状用の「丑神将 招杜羅大将(しょうとらたいしょう)」に今頃着手する。

パーツごとに作業を進めているように見えるが、実は現時点で、すでに不切一枚折りを目指していない。
今回のようなテーマ・使用目的から総合的に考えると、視覚的インパクトを最優先にした結果で必ずしも不切一枚にならなくてもよいと思うし、もうそろそろ「一枚でできているのか!という驚き」の要素を前面に押し出さなくても折り紙が存在感を発揮できるような環境になっていってほしい、という思いもある。

…などと、いろいろ理屈っぽく言ってみたりもするが、結局は「難しい設計ができない」ということがいちばん大きな要因だったりしないだろうか?
 
2
気を取り直して、いちばん最初の試作。「泉折り」をちょっと加工するだけで、なんとなく「顔」に見えてきてしまう。
…いかんいかん。このあたり、折紙者に於いては「見立て能力」が過剰に鍛えられすぎている、ということを常に念頭に置かないといけない。中途半端なところで止めてしまうと説得力が足りなくなる(題材によって、「どこまでつくり込めばいいか」はそれぞれ異なるものだけど)。
 
2
顔面は、大体このようなところあたりが「止めるべきポイント」ではないか。
興福寺東金堂の像を参考にしているが、頬の肉感が重要なパーツでもあり、他の構成要素から出た余計なラインを適度に覆い隠すためにも貢献している。
 
2
さきほどの顔面に髪を付けてみた状態。
目黒俊幸さんの「うに」をそのまま組み込んでいるが、なかなかマッチしているように見える。
…というか、これ以外に適切な技法が思いつかない。
 
2
胸部はひねりを加えたポーズにも対応できるように余裕を持たせてあるが、本当はさらにもっと自由に動く構成にしておきたいところ。
 
2
興福寺の像を見ると、右手は「加トちゃん、ペ」をやっているように見えなくもないが、これはもともとは矢を持っていたということらしい。それを補った復元図もあるが、なんとなく、このままでもいいような気もする。
 
それにしても、現時点の自分には「粘土力」がとにかく足りない。このままでまともに仕上がるんだろうか、と心配になる。
(粘土力は「ねんどりょく」と無理矢理読ませようかと。また変な用語をつくってしまっていますが、要するに粘土的な仕上げ加工ってことの意味で。)

「複雑な構成で設計する能力」と「粘土力」のどちらを先に身につけたいかと問われたら、迷わず粘土力を選ぶ。
まあどちらにしても、一朝一夕には身に付かないものではあるが…。
 
 
2008/12/27
髪付き頭部の試作第2号。
 
2

このへんまで来ると、あとは強行突破できそうな気がしてくる。
でも、コルキー70kgよりも厚い紙ではきついかもしれない。
今回は必要に迫られてwet foldingをやってみたが、波打ち具合やケバ立ちのコントロールがなかなか難しい。



 

「北條高史創作折紙作品集 現代折り紙」
CONTEMPORARY ORIGAMI by HOJYO Takashi
SINCE Mar. 13 2003